治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

海外ニュースや海外旅行のガイドブックを読んでみると

海外ニュースや海外旅行のガイドブックを読んでみると、日本ほど治安のよい国はないというように言われています。そしてその日本にずっといると、治安がよいのが当然のことだから、外国に行くと驚くことばかりかもしれません。
私は最初の外国の旅行先がロンドンやパリでした。
そこはきっと東京よりもっとすごい都会なのかなと思いながら行ったものですが、自由行動の時に道に少し迷ってしまい、歩いていると景色が一変しました。
ロンドンのソーホー地区だと記憶していますが、飲食店前に座り込む人や、服装事態が浮浪者を思い起こさせる身なりの人が目につきました。
緊張して、警戒して安全な道へ戻ったものです。

そんな経験が出発点となり、どんな治安のよい日本国内であっても、カバンは自分の前にあるようにする、お財布を店内であっても無防備に広げない、お金を数えない、派手な服装はしない、高額なアクセサリーをつけて人混みは歩かないなど、気をつけるようになりました。

日本はあまりないかもしれませんが、釣り銭のごまかし、もしくは単なるミスはよくあることですから、必ずレシートとその場で確かめるクセはつけておいた方がいいと思います。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.