治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついついしてしまう自衛術は

治安がいい場所でもついついしてしまう自衛術は、顔の近くに手がくると払いのけてしまうというものです。

一時期護衛術にはまったことがあって、その影響で顔を殴られそうになった際に、相手の手を払いのけて、相手を制圧する方法を習ったのですが、私はこの方法が全然できませんでした。
そのため、何度も先生に習ったのですが、それが原因で反射的に手を払いのける動きをしてしまうようになったのです。

その技は、手を払いのけた後に相手の体を捻ることにより制圧をする方法なのですが、さすがにここまでやってしまうとまずいので、なんとか手を払いのけようとする動作までで止めるようにしています。
人間の反射というものは凄いもので、すでに護衛術を習ってから数十年経つのですが、いまだに体が反応してしまうのです。

基本的に私は治安のいい場所でしか暮らしたことはありませんが、それでも反射的に自衛術で顔を守ろうとしてしまいます。幸いなのは、今のところ体が反応するまでで、とどまってくれているところです。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.