治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

住みやすい街、環境の整った街は、生活を送るに相応しいも・・・

住みやすい街、環境の整った街は、生活を送るに相応しいものです。
緑や自然が多いと、子育てもしやすいと言えます。
しかし、治安が良いから犯罪などと無縁とは言い切れません。栄えている地域ほど、軽犯罪に合う危険性もあります。
例えば、自転車に乗っていて盗難に合う被害は、自分は大丈夫と油断がある事が多いらしいです。
そんな私は、バックの持ち手部分をハンドルに引っ掛けて取られない工夫をします。
犯罪に会わないためには、予測、先回りが大事と言われます。家には、大金を置かない、防犯機器を設置するなど簡単な対策で被害が食い止められます。
また、閑静な地域、大きな屋敷街では、深夜家に押し入られる被害もあります。私は、部屋の隅に木刀を置き、身を守り捕まえる自衛術としています。
また、夜にランニング、犬の散歩を行う人も多くいますが、電灯ライトを持参するだけで犯罪に合い難いと言えます。自分を守る自衛術は、腕力がない人でも先回りした生活で補えるものです。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.