治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

海外旅行に行くと

海外旅行に行くと、治安が心配でつい身構えてしまいますが、日本は安心ですよね。
でも治安が良くても、つい自衛してしまうことがあります。
それはまずバッグです。
バッグを持ち歩く時には必ず貴重品を胸元の方に持ち、すきを与えないようにします。バッグも外から中身が見えない、ファスナーで閉じられるものを使用しています。
私は今一軒家に住んでいるのですが、マンションと違って、窓ガラスが道に面している部屋が多く、とても無用心です。
そこで人や動物を感知すると光るセンサーライトをつけています。窓の横には塀を作り、乗り越えようとすると音がするようにしてあります。2階も心配なので、センサーライトと雨樋等には登れないように鉄条網をまいてあります。
主人が出張で留守の時にはわざと私の車で出かけてもらい、主人の車を駐車場に置いておきます。車に乗る時はもし暗いところで声をかけられた時のために、窓ガラスを割って開けられる器具を常備しておきます。日本もあまり治安が良いとは言えなくなってきた時代なので、気を付けて行きたいです。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.