治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついついしてしまう自衛術は

治安がいい場所でもついついしてしまう自衛術は、自分が持っているハンドバックは、胸の前に持ってくる事です。
治安がいい場所でも、やはり夜になると恐さがあります。ひったくりにいつあうのか分からないので、バッグは胸の前に持ってきています。
ひったくりにあう時は、一瞬の出来事だと言われます。やはり、自分の大切なモノが入ったバックなので、誰かに盗まれたくありませんし、恐い思いもしたくありません。なので、治安が良い場所でも、ひったくりにあわないように普段から意識して歩いています。
バッグを胸の方に持ってくるだけでなく、夜道を歩く時などは、音楽プレイヤーや携帯をいじらないようにしています。そういったものをいじっていると、周囲の変化に気づきにくくなり、襲われる危険性が高くなると、テレビで言っていました。
その話しを聞いてから、極力夜道を歩く時は早歩きで、音楽プレイヤーや携帯をさわらないようにして家に帰るようにしています。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.