治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいいと言われているところでも、油断は禁物と言われ・・・

治安がいいと言われているところでも、油断は禁物と言われます。自衛術としては玄関に近づくと、明かりが点くライトを設置したり、敷地内に音が鳴る石を置いたりします。
特に困るのはセールスですね。自分がセールスや押し売りだという自覚がないセールスマンは厄介です。
とりあえずネットで調べると、警告文を貼るといいなど色々な知恵を教えてくれますが、断わる為のマニュアルをモニターの傍に置いておくのもいいかもしれません。会話しないのが一番いいそうなので、「すみません」と一言言って切る事もあります。
自衛というのは、習慣にしておくといいかもしれません。自分はそうならないではなく、いつそうなるかわからないという心構えが、自衛の一番大事なところなのではないかと思います。
治安のいい場所でも、電話での振り込め詐欺もあります。いつもと違う異変があったら、誰かに相談できる状況にしておくのが一番いいと思います。自分にはありえないのではなく、自分にもいつくるかわからないと思うくらいで、丁度良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.