治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

日本は世界でも1、2を争うくらいの安全な国として知られ・・・

日本は世界でも1、2を争うくらいの安全な国として知られています。安全な環境で育った日本人はつい海外などに行くとバッグを置いて離れてしまったり、バッグの口を開けたままで軽く持っていたりして、置き引きやスリ、強奪の被害に遭う事が多いです。

日本も昔に比べると、残念な事に場所によっては治安が悪い場所もあります。普段から外出時は自衛の意識を少し高めているようにしましょう。
外出時はズボンのお尻のポケットに長財布を入れているのですが、ポケットに入りきらずに少し出ているので、自分では見えず不安なので、あまり目立たないウォレットチェーンをズボンと財布を繋いでいるようにしています。
先日、満員電車でスリ被害の未遂に終わりましたが、下車したらプラーンとポケットから垂れ下がっていました。
いくら治安が良いと言ってもどんな人が近寄ってくるかは解りません。
女性も携帯や財布がすぐ取り出せるように、バッグの口をあけて肩にかけていますが、男性の強引な力で引っ張られたらあっという間に強奪されてしまうので、人通りの少ない場所では前後を確認するクセをつけましょう。

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.