治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

治安がいい場所でもついしてしまう自衛術

海外で暮らしたことがあるせいか

海外で暮らしたことがあるせいか、日本へ帰ってきてからも周囲の友だちに「かなり防犯面に気を使って生活しているよね。」と言われることが多いです。

例えば、バッグを放置したままバイキングの料理を取りに行くなど、盗まれたらどうしようという思いが強く、絶対に出来ません。トイレに入る時でも、ひっそりとした場所にある公衆トイレは、どんなに緊迫した状態でも1人では絶対に使いません。
また、私の息子は小学校高学年なのですが、海外では男の子も性的被害を受けることが多かったので、必ず男子トイレの入り口付近で、何事もないよう見張っておりましたが、そのクセが抜けきれず、日本に帰って来てからも、男子トイレ前に張り付いて息子がトイレから出てくるのを待っています。
逆に、私が男子トイレをのぞこうとしている不審者に間違われるのではないかと思うこともあるのですが、やはり、子どもの安全を守るために、小学校を卒業するまではおそらく続けてしまうと思います。

注目情報

Copyright (C)2019治安がいい場所でもついしてしまう自衛術.All rights reserved.